スマホサイト 自動変換サービス|PCサイトを自動でスマホ変換

~既存のホームページをスマートフォン対応する方法~ スマホ変換サービスが大規模サイトほどラクでお得な理由とは。

movoロゴ 大掛かりな大規模サイトのスマホ対応、諦めていませんか?
中~大規模サイトのスマートフォン対応ならインテンスにおまかせください。

スマホ自動変換サービス『movo』

もう、スマホ対応のためのリニューアルは、必要ありません。

web制作

30~100ページ程度の中規模サイトから、100~1000ページを超える大規模サイトのスマートフォン対応にも断然オススメなのが、
現在のPC用サイトに一切タグなどを埋め込むことなく※1、既存PCサイトの全ページを、スマートフォンの画面サイズに合わせて最適化する、当社独自のスマホ自動変換サービスです。 (こういうのを待ってたのよ!)

「PCサイトへのタグ入れ一切不要」「“セルフの制作ツール”ではないので、管理画面も無し」 「ドメイン単位で全ページ対応」ページ数無制限でも「PV従量課金も一切無しの完全定額制」 「最短3営業日でサイト丸ごとスマホ対応」「面倒な打ち合わせや校正作業もなし」 「PCページと連動」するので一切やることなし。とにかく「従来通りPCサイトの更新だけ」 「ほんとうの意味で“全ページ自動変換”は、当社だけ」 ↑これが、他にない強みです。

選ばれる理由その1・・・とにかくラク!

ページ毎のURL登録も、htmlへのタグ入れも一切不要。そもそも管理画面さえありません。

選ばれる理由

対応ページ数が無制限で、元サイト側で行って頂く作業も一切ないため、当社からページ数をお聞きすることはありません。
何百、何千ページあってもOK。管理画面からの面倒なURL登録やレイアウト設定などの作業は一切不要!何ひとつお客様にして頂く作業がないのに、細かいレイアウト調整やデザインカスタイマイズはご要望通りに。最短3営業日でドメイン配下の全ページを自動でまるごと最適化する、他とはちょっと違った自動変換サービスです。
htmlへのタグ入れなし。管理画面からの設定一切なし。ページ数制限もなし。PV制限(従量課金)も一切なしの、らくらくシンプル設計!ページ数が多いほどコスパ抜群!

選ばれる理由その2・・・とことんラクラク!

更新がとにかく楽ちん!とにかく今まで通りPCサイト側を更新するだけ!

選ばれる理由

スマホユーザーがアクセスする際に、その都度現在のPC用サイト上のページ情報を、アクセス元のスマホ端末サイズに合わせてオンデマンドで変換処理を行うため、導入後もとにかく今まで通りの方法でPCサイト側を更新するだけ!新たなスマホ更新作業等は一切発生しません。
PCサイトの全ページが連動し、スマホサイト側にもリアルタイム反映するこの仕組みが、らくらく一元(一括)管理を可能にします。

選ばれる理由その3・・・いろいろ細かいこともできる!

単なる自動変換にあらず。柔軟性と高いデザイン再現性、カスタマイズの自由度が特徴!

選ばれる理由

「自動変換システム」と聞くと、ただ機械的にコンバートして、ハイ終わり。というイメージを持たれる方もいますが、 既存のPC用ページを独自の変換エンジンが自動変換した後、当社のWebデザイナーがスマホ用に細かなスタイルの再設計を行い、ご要望にあわせて一部非表示やブロック入れ替え、レイアウト(配列)の変更から、細部の装飾までをアレンジ。更に、アクション促進のためのフローティングナビや専用アイコンを追加します。
また、PCサイト内のコンテンツだけでは物足りない時や、よりファーストビューにインパクトが欲しい場合などは、別オプションでトップページなどの重要な導線ポイントにスマホサイト専用のバナー/アイコンなどを作成する、自動変換+制作のハイブリットカスタマイズ※2も可能です。

選ばれる理由その4・・・斬新な定額制!しかも早い。

画期的な完全定額制。ページ数もPV数も関係なし。従来の方法に比べ圧倒的なコストパフォーマンス!

選ばれる理由

既存のPCサイトとは別に新たなスマホ専用サイトを構築する方法や、レスポンシブ・デザインで今のWebサイト自体をフルリニューアルする方法など、制作するページ数に比例して「1ページあたり単価@◯万円×ページ数」のようにコスト増になる従来の方法とはまったく異なり、ドメイン単位※3の定額料金でWebサイトの全ページが完全対応できる、圧倒的なコストパフォーマンス。
他社のような「PV課金」なども一切ありません。そして本来数ヶ月はかかる大規模サイトでも、最短3日で※4対応できるため、機会を逃しません。

選ばれる理由その5・・・サイトは選ばない!

ほとんどのWebサイトを自在に変換。サイト環境に左右されないのも強み

選ばれる理由

現在のサイトが何年前にどこの制作会社で作ったサイトでも、サイト環境がWordPress仕様でもそうでなくても、全く問題はありません※5
サイト上に公開されているページを、独自の中継クラウドサーバーを経由させてリアルタイムにスマホ変換しますので、とにかく従来の更新方法(各種CMSやhtml編集による社内管理/外注管理)や環境を一切変えることなく、現在のサーバーやPCサイト側へ変換タグなどの追加も一切不要で、ドメイン下の全ページを構造的にまるごと最適化することが可能です。

※1:変換のためのタグ設置などは一切不要。(PCサイト側にはサービス開始時に、機種判別用のリダイレクトタグを設置頂くだけです。)
※2:スマホサイト専用バナーなどを新たに制作する場合は別途費用がかかります。
※3:同一ドメイン内ならページ数無制限で定額費用!
※4:校了後、最短3営業日で導入可能です。
※5:一部のphpやjavaScriptは内容によって動作相性があります。事前にテスト変換でお試しください。

無料テスト変換随時付中、お気軽にお問い合わせください。 ※テスト変換に必要なもの、ご準備いただくものは一切ございません。ホームページのドメインだけお知らせください。

メールで問合せ

電話で問合せ045-568-2157

→→検討する価値があるかどうかは、実際に見てからのご判断で構いません!
もちろんご希望に沿わない場合はお断り頂いてもOK。
お手持ちのスマホから社内の皆さまで一定期間ご覧いただけます。
稟議の際にもリアルなBefore-Afterとしてご活用ください。
  • 『こんなシステムがあるなんて本当に驚いた。どうしてもっと早く教えてくれなかったんだ。』 (介護系企業:F社様)
  • 『スマホ対応を複数の制作会社に相談していたが、どこの話も似たりよったりだった。
    そんな中でこのシステムを知り、実際のテストサイトを見て即決した。』 (医療系企業:S社様)
  • 『100ページのスマホサイトって数百万円して、3~4ヶ月かかるんじゃないの? なんで3~4日で全ページ出来ちゃってるの?!
    しかもこの金額で?!すぐ公開しよう。』 (教育系機関:K社様)

当社の独自システムであるスマホサイト自動変換システムの実際のテストサイトをご覧頂いたときに、クライアント様から頂戴したご意見です。

百聞は一見に如かず。
どの企業様にもテストサイトは無料でご覧頂いております。

ご契約前でもお申込一切不要で、まずは導入する価値があるかどうかをご検討頂くため、自社サイトを実際にスマホサイトにテスト変換して、社内の皆さまと見ることが出来てしまうシステムなのです。

ほかにも・・・
こんな声を多数頂いております!

導入後のお客様の声

  • 「2ヶ月くらいで検索結果順位があがった」(神奈川・建築会社H様)
  • 「公開翌月にアクセス1.8倍、PV数3倍、問い合わせ数も2.8倍に」(神奈川・リフォーム会社A様)
  • 「そんなの嘘でしょ。と思っていたけど、ホントに公開まで何の作業も要らなかった。」
  • 「更新の手間が半分になってとても楽になった、スタッフも喜んでいる。」(東京都・商社W様)
  • 「総務部、人事部、広報室、IR室、経営戦略室、もちろん営業部としても、ずっと課題だったので、みんな大絶賛です」(東京都・商社T様)

こんなお悩みやお困りごと
ありませんか?

  • ホームページからの集客や問い合わせ数を増やしたい
  • ホームページの離脱率を改善したい
  • 以前から同じだけ広告宣伝費かけても、最近は思うように反響が出ない
  • 新規顧客や見込み客を獲得したい
  • 求人募集しても、なかなか思うように応募が来ない
  • PCでの検索では1ページ目に出てくるのに、スマホだと1ページ目に出てこない

そんなお悩みやお困りごとを瞬時に解決できるのが、このmovoです!

いまやスマホサイトの存在価値は、集客や営業面だけにとどまらず、顧客満足度の向上や求人活動の充実にも繋がっています。

市場動向を見ても著しいスピードでスマホ>パソコンに変化しており、もはやスマホサイトは「あったらいいモノ」ではなく「無くてはならないモノ」となっています。

また、Google調査によると、スマホ最適化されていないホームページをスマホで閲覧した場合、48%の人が『イライラやストレスを感じる』、36%の人が『時間を無駄にしているように感じる』、 52%の人が『その企業へ関わる意欲が削がれる』、48%の人が『自分たちの事業に対して熱心ではないのではないかと感じる』と回答しています。 出典:Mobile-friendly sites turn visitors into customers(Google)

ホームページがスマホ対応出来ていないことで、多くのお客さんを逃すだけでなく、企業や団体、サービスや商品自体へ悪い影響を与えているのです。

業種業界問わず、スマホサイトをきちんと整備することは急務であると言えます。

▼ページ数も更新頻度も多いこの時代、だから選ばれるスマホ自動変換サービス

  • 既存PCサイトの改修無しでも自動連動。更新手間要らず
  • 変換ページ数は無制限で完全定額。ホントに何ページでもOK!
  • サイト構造丸ごと全ページ変換。
    モバイルフレンドリーに死角なし!
  • レイアウト変更やコンテンツの絞り込み、スタイル変更も自在!
  • 新機種にも自動アップデート。
    多様化トレンドに幅広く対応!
  • 既存のレスポンシブページを除いた
    未対応ページだけの導入も可能!

今なら実際のHPで無料体験実施中。
お気軽にお問い合わせください。 ※テスト変換に必要なもの、ご準備いただくものは一切ございません。ホームページのドメインだけお知らせください。

メールで問合せ

電話で問合せ045-568-2157

→→検討する価値があるかどうかは、実際に見てからのご判断で構いません!
もちろんご希望に沿わない場合はお断り頂いてもOK。
お手持ちのスマホから社内の皆さまで一定期間ご覧いただけます。
稟議の際にもリアルなBefore-Afterとしてご活用ください。

最新TOPICS

  • 2018/10/30

    Android版Chromeのversion70.0.3538.64に対応するアップデートが完了しました。

  • 2018/10/26

    先日アップデートが開始されたAndroid版Chromeのversion70.0.3538.64において、スマホ自動変換movoの一部でスマホサイトが正常に表示できない現象が発生しています。近日中にサーバー側で対応予定ですが、それまではPCサイトをそのまま表示するよう対処していますので、何とぞご了承のほどお願い申し上げます。

  • 2018/09/19

    新たにmovoバージョン2.01をリリースいたしました。主なアップデート内容は以下の通りです。
    - 常時SSL対応
    - HTML5/CSS3対応
    - ページ表示速度向上
    - サーバー/JavaScriptプログラム等の動作相性改善
    - 画像圧縮機能向上
    ※ガラケー対応は終了となります。
    ※いずれも当社前バージョン比。
    →ご利用中のお客様は移行手続きが必要です。詳しくは営業担当までお問い合わせください。

  • 2018/09/05

    この度当社は、経済産業省の「平成29年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業」におけるIT導入支援事業者に採択され、スマホ自動変換システム"movo"が、補助金対象のITツールとして認定されましたので、 補助金交付に係る代理申請を本日より受付しております。(購入費用総額の1/2、最大50万円迄)
    ※IT導入補助金に関するお問い合わせは、ご相談フォームよりご連絡ください。
    ※事業の詳細は、IT導入補助金のサイトリンクご確認ください。

  • 2018/08/01

    常時SSLに対応する次バージョンを現在準備中です。詳しくは営業担当者までお問い合わせください。

  • 2017/07/01

    新たにフローティングナビ用のアイコンタイプが選べるようになりました。

  • 2016/12/26

    画像表示機能がバージョンアップ:ここ最近のスマホ通信速度向上をふまえ、従来の画像圧縮を廃止。これにより元の高解像度のままスマホで表示されるようになりました。

  • 2016/04/10

    24時間365日ネットワーク障害監視システムを導入しました。

  • 2016/04/01

    自社サブドメインでもそのまま自動変換が可能な新プラン受付開始しました。

よくあるご質問

  • サーバーはどうなりますか?

  • 当社の中継クラウドサーバーを経由して自動変換する仕組みなので、新たにサーバーを契約される必要はございません。 また、中継クラウドサーバー側の独自の設計により、見易く最適化するだけでなく、より快適に閲覧できるよう、ページ表示速度向上のための画像自動圧縮なども自動的に行います。

  • ドメインはどうなりますか?

  • お客様の現在のPCサイトアドレスが「http://www.abcd.co.jp」だとすると、「http://sp.abcd.co.jp」や「http://m.abcd.co.jp」などのユーザーサブドメイン(お客様所有の公式サブドメイン)を利用したサービス運用を推奨しております。 現在ご利用サーバーのプランにより新規サブドメインの取得が難しい場合は、当社用意のドメインもご利用いただけます。

  • 常時SSLには対応していますか?

  • 2018年9月リリースの新バージョンで対応しております。(ただし、PCサイト側がSSL対応していることが前提になります)詳しくは営業担当者までお問い合わせください。

  • 「自動変換」と聞くと機械的に変換するだけで、柔軟性がないイメージがありますが・・・

  • いいえ、そんなことはございません。対象ドメイン下の全ページを自動に変換してから、弊社の専属デザイナーが、PCサイトの構成をベースにスマホサイトのあるべきサイト構成やユーザビリティーを考慮した導線をイメージしながら、 スマホサイト側のスタイル調整を手動で行っていきます。更にお客様側のWeb戦略やご都合、お好み等にも合わせて、場合によってはPCサイトの要素を部分的に省略(非表示)したり、順序の並び替えをしたり、スマホの画面にフィットしない (ハマりづらい)画像パーツなどは、テキスト+CSS仕様に適宜置き換えるなどの処理を施し、仕上げてきます。ゼロベースでキレイに仕上がるスクラッチ制作と、スピーディーな自動変換を、部分的に組み合わせた「ハイブリッド仕様」で仕上げていくので、 どのお客様も、「最初にイメージしていたクオリティーとは断然違う」と言っていただけます。

  • レスポンシブデザインとの違いを教えてください。

  • [コスト面]
    まずコスト面では、1ページいくら(1ページ◯万円×制作ページ数)のレスポンシブデザインと、1ドメインいくら(1ドメインあたりの定額料金。ページ数は不問)のスマホ変換とでは、根本的にコスト構造が異なりますので、ページ数が多いサイトほどコストパフォーマンスに優れた手法だといえます。(通常、30ページ以上のサイト規模だとお得だと思います。)
    [パフォーマンス・運用面]
    次にパフォーマンス面では、PCサイト用のフルサイズ画像をそのままスマホで共通表示している多くのレスポンシブデザインサイトと比べ、スマホ自動変換は、中継させる変換サーバーでPCサイト用の画像を自動圧縮(軽量化)しますので、ページの表示速度が格段にアップします。また、レスポンシブデザインでも中にはこの問題を回避するため、大きいPC用画像と小さいスマホ用画像を1箇所につき2枚記述して(隠して)おき、それぞれアクセスするデバイスに応じて別表示をさせているケースもありますが、スマホで見たときにPC用画像は非表示になるものの、実際にはPC用画像も一緒に読み込まれているため、どうしてもページ全体の表示速度は遅くなりがち。更にはこういった「PC表示時の画質」と「スマホ表示時の速度」の両立を図るための表示仕分けを行う箇所が増えるほど、初期制作費用や、画像変更時の保守メンテナンス費用が跳ね上がってしまうというデメリットがあります。一方スマホ変換は、PC用のフルサイズ画像をスマホから読み込む変換時に、その都度オンデマンドで瞬時に自動圧縮しスピーディーに表示するため、1つの画像をそのまま各デバイスで表示する分、画像の変更が生じた際なども一元管理OKで面倒要らず。メンテナンス・運用面でも、とても合理的で管理コストのかからない手法だといえます。

  • ワードプレスやムーバブルタイプなどのCMSを使っていますが、なにか影響はありますか?

  • あくまでPCサイトのサーバーにアップロードされたサイト(html)を、アクセス時に都度オンデマンド変換しますので、CMSなどの編集環境は問いません。もちろんホームページビルダーでもOKです。

  • Googleのモバイルフレンドリーには対応していますか?

  • はい。対応しております。モバイルフレンドリーはページ単位の評価になるため、例えば1ページいくらで制作する一般的な方法などで、優先順位の高い一部の上層ページだけスマホ対応している場合、当然スマホ未対応の下層ページはモバイルフレンドリーの評価対象にはなりませんが、 当システムの場合は、1サイトたとえ何千ページあってもドメイン単位で全ページ丸ごとスマホ対応することが可能ですので、様々なキーワードを複数入れて絞り込み検索を行い、トップページ以外の下層ページからもロングテールで多角的に流入(訪問)してくる最近の検索ユーザーの傾向から考えても、検索エンジン対策(SEO)として極めて合理的な手段だと考えます。 ※「モバイルフレンドリー」とは…Webサイトがスマートフォン用に最適化された状態のことをいいます。 Googleではモバイル検索でのランキング要素の一つに、「Webサイトがモバイルフレンドリー対応かどうか」を使用し始めました。

  • 1~2年以内にはリニューアルしようかと考えていて、もちろんその時にはスマホ対応も一緒に発注しようと思っているのですが。

  • 通常は、今のWebサイトを作り変えてリニューアルする際に、レスポンシブデザインなどの手法によりスマホ対応させるのが一般的ですが、現実問題としては、翌期の予算申請から各部門との調整、要件定義作成、発注業者との折衝、発注先選定、社内稟議、発注後もページ数規模によっては度重なる打ち合わせから校正修正など、実際に完成するまで、ゆうに1年以上の大がかりなプロジェクトになることもしばしば。フルリニューアルは、発注する側も実に骨の折れる仕事なのです。
    当社がオススメするのは、現在のWebサイトを1週間ほどでとりあえず全ページスマホ対応し、それでも「スマホ対応」以外のリニューアル要件がある場合は、次回のリニューアルで「PC用のサイト制作だけ」発注を行い、スマホ対応は当社の変換サービスをそのまま継続活用頂く方法。当サービスはドメイン単位のご契約になるため、元のPCサイトを途中でリニューアルした場合にも活躍。引き続き新しいデザインのホームページを全ページスマホ対応してくれます。こうすればページ数にもよりますが、次にリニューアルした後も、そのまま定額料金のみ全体のスマホ対応が実現できますので、相場的にPC用サイトのみの制作コストと比べ、倍近いコストがかかってしまうレスポンシブデザインを実施する必要もなく、見えない将来コストも半減できるというわけです。

  • 別ドメインのスマホサイトはコピーコンテンツ(重複コンテンツ)になると聞きましたが、大丈夫でしょうか?

  • ご安心ください。コピーコンテンツにはなりません。
    当社では、お客様所有の既存ドメイン(PCサイトドメイン)に対して紐づくユーザーサブドメイン(既存のPCサイトアドレスが「http://www.abcd.co.jp」だとすると、「http://m.abcd.co.jp」など)でのサービス運用を推奨しております。
    また、Google側でも推奨しているcanonical属性やalternate属性(アノテーション)によるURLの正規化も行いますので、コピーコンテンツにはなりません。(過去にもコピーコンテンツと判断された報告事例はありません。)
    ※アノテーション設定はご提供システムのバージョンによります。また、PCサイト側に設定するalternate属性は、現在のサイト環境等によりますので、詳しくはお問い合わせください。
    ※現在ご利用のサーバー会社のプランによりサブドメインが取得できない場合は、当社にて別ドメインアドレスをご用意しています。

  • phpやjavaScriptも動きますか?

  • はい。基本的には問題ございません。場合によってはスマホ用にこちらで再調整する必要がありますので、事前にテスト変換の際、正常に動いていない箇所はお知らせください。

  • 対応していない機能やサイトはありますか?

  • FLASH、フレームサイト、ec機能のあるサイトは原則として対応外となります。
    ※メインビジュアルなどの部分的なFLASHは、テスト変換時に静止画やスライド形式に差し替えます。

  • 管理画面からの設定構築など、やはり運用の手間は増えますか?

  • 当サービスは専用の管理画面はご用意しておりませんので、PCサイト側を管理している従来通りの手間だけでスマホも自動反映(連動)します。PCサイトの管理会社様との保守契約がある場合も、契約変更などの必要もございません。現在運用されているPCサイトと完全連動するスマホサイトになりますので、これまで通りの方法でPCサイトを更新いただければ、スマホサイトにも自動反映されます。

  • ・・・ざっと2~3万ページあるんですが、さすがに無理ですよねえ?

  • いいえ、何ら問題ございませんのでご安心ください。一般的な1ページいくらの制作方法とは全く異なる仕組みですので、かかるコストは他のお客様と変わりません。

  • 「自社の特許技術が細かく載っているページに関して、誰でもスマートフォンで見やすくなるのも如何なものか。」という懐疑的な社内意見があるのですが。

  • ご安心ください。ご都合にあわせて、スマートフォン変換後のページだけ、見せたくない部分をカット(非表示)にすることも可能です。(PCサイト側を改修することなく、すぐに設定可能です。)

  • 公開までにどれくらいの作業が必要ですか?

  • 公開前にPCサイト側で必要なタグ入れなどの作業は一切ございません。お申込みから平均1~2週間で公開するケースが多いです。公開後でも、修正や調整などの作業は追加料金なく随時対応しておりますので、まずは早期公開をして、その後都合の良いタイミングで少しずつ微調整やブラッシュアップを行っていくケースが多いです。 (お申込後の流れ) お申込→レイアウト校正→修正→校了→サブドメイン取得→公開(校了後3営業日で公開OK)

  • 今のPCサイト側での面倒な作業は要らないのでしょうか?今の制作会社と打ち合わせする必要は?

  • 最終的にサービス開始する際、機種を自動判別するためのリダイレクト設定だけを行います。(数分で出来る作業です)
    それ以外の作業は一切必要ありません。現在のPCサイト内に何ら手を加えずサービス導入できる仕組みなので、お付き合いされているPCサイトの制作会社様とも、特別お打ち合わせの必要はありません。 もちろんPCサイトの保守管理は、今まで通り現在の制作会社へご依頼ください。

  • 他にもスマホ変換ツールがあると聞きましたが、違いは?

  • ドラッグ&ドロップで、1ページずつ自分で作業が必要な「変換ツール」や、10ページあたり◯万円のものとは全く異なり、お客様側の手間は一切不要で、おまかせでWebサイト全体のスマホ最適化を短期かつ定額で実現できるのが、このシステムの最大の特長です。 そういった意味では一般的な「システム」ではなく、面倒な作業は一切おまかせの「フルサービス」になるかと思います。

  • 他社とデザインが同じになってしまいませんか?

  • あらかじめ画一的なテンプレートをご用意しているわけではありません。すべて機械的に変換するのではなく、専属デザイナーがご要望などもお聞きしながら、現在のPCサイトのデザインや設計、特徴をそのまま活かしたスマホサイトにするべく、 PCサイトとは別にスマホサイト用のCSSを構築してカスタマイズしていきますので、細部までご希望沿ったスマホサイトに仕上げることが可能です。

  • きちんと作り込んだスマホサイトと異なり、そんなに簡単にできる自動変換だと、デザイン(品質)がイマイチ、ということはありませんか?

  • そんなことはありません。ご要望に応じて細かいところまでスマホ用のスタイルシートによる調整が可能です。 また、ご希望によっては、例えばトップページなど見た目を重要視したいページだけ、ボタンやバナーなどのパーツを部分的に作り直し、スクラッチ(ゼロから作ること)とサイト変換のハイブリットで仕上げることも可能です。

  • 今のPCサイトが古いと変換できないですよね?

  • たとえ10年以上前に作ったhtmlでも問題ありません。見違える最新のスマホサイトに変換できます。日増しにスマートフォンからのアクセス比率が増えるなかで、この先Webサイトのフルリニューアルしか方法がないわけではありませんので、ぜひ一度お問合せください。

  • 公開後はどうなりますか? 校正作業の回数制限などありますか?

  • 公開後もサイトをより良くしていくためにお手伝いさせていただいております。部分的な修正や調整はもちろん、1ページあたりのデータ容量の削減や、アイコンメニュー変更、問題発生時の対応なども含め、追加料金なく対応させていただきます。

  • ホームページを、より効果的に使いたいのですが

  • 私たちは、スマホサイトが情報を見せるだけのものではなく、見た人が最終的に具体的なアクションを起こしてもらえる存在であるべきだと考えています。 ワンタッチでアクションを起こせるアイコンメニューの配置や、アクセス解析データを基にした導線の配置変更など、一旦公開したら終わりではなく、しっかりと成果を生み出せるサイトになるよう、クライアント様の目的やご要望に一つ一つ耳を傾けながら、お手伝いしていきます。

  • デザインやレイアウトのカスタマイズはできますか?

  • はい、可能です。各所レイアウトバランスの変更や微調整、画像やテキストのサイズ調整や配列調整、メニュー表示タイプの変更、CSSでの色変更、ブロック単位での非表示設定や順番入れ替え、など、ご要望に応じたカスタマイズを対応させていただいております。

今なら実際のHPで無料体験実施中。
お気軽にお問い合わせください。 ※テスト変換に必要なもの、ご準備いただくものは一切ございません。ホームページのドメインだけお知らせください。

メールで問合せ

電話で問合せ045-568-2157

→→検討する価値があるかどうかは、実際に見てからのご判断で構いません!
もちろんご希望に沿わない場合はお断り頂いてもOK。
お手持ちのスマホから社内の皆さまで一定期間ご覧いただけます。
稟議の際にもリアルなBefore-Afterとしてご活用ください。

スマホ自動変換サービスの導入例

導入事例のご紹介

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

導入事例

今なら実際のHPで無料体験実施中。
お気軽にお問い合わせください。 ※テスト変換に必要なもの、ご準備いただくものは一切ございません。ホームページのドメインだけお知らせください。

メールで問合せ

電話で問合せ045-568-2157

→→検討する価値があるかどうかは、実際に見てからのご判断で構いません!
もちろんご希望に沿わない場合はお断り頂いてもOK。
お手持ちのスマホから社内の皆さまで一定期間ご覧いただけます。
稟議の際にもリアルなBefore-Afterとしてご活用ください。
インテンスTOPへ